中世イメージ

「バルサミコとは」イタリア食材研究:1

アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ・ディ・モデナ
「調味料の“王様”」バルサミコは「王様のための調味料」です

アチェート・バルサミコ(バルサミコ酢)。サラダドレッシングに使う「ワインヴィネガー」とどこがどう違うのでしょうか?さらに「三ツ星レストラン」でしか使われることのないバルサミコ「トラディツィオナーレ・バルサミコ」に至っては、「ナンジャそりゃ?」という感じです。
長期熟成のバルサミコたち
イタリア語で「アチェート」は「酢」。「バルサミコ」は「芳香」。「トラディツィオナーレ」は「伝統」という意味。工場で大量生産されるバルサミコと違い、添加物を加えることがいっさい許されず、昔ながらの「樽の入れ替え」という手法で作られます。
バルサミコの樽
気の遠くなるような時間をかけて、大切に育てられた末にやっと完成する。これこそ「スローフード」と呼べるものなのです。美食の町モデナの王侯貴族たちが愛し、かつては「嫁入り道具」とされたほど貴重な液体は、トリュフに次いで「グラム単価が高い食材」と言われます。
中世イメージ

その1へ
その2へ
その3へ
その4へ
その5へ
その6へ
その7へ

バルサミコSHOPへ

Pickup