イタリア食材「ベリッシモ」 カテゴリー一覧 イタリア食材「ベリッシモ」 オリーブオイル イタリア食材「ベリッシモ」 フレーバーオイル イタリア食材「ベリッシモ」 トマト(ソース・ドライ) イタリア食材「ベリッシモ」 塩・スパイス イタリア食材「ベリッシモ」 バルサミコ酢 イタリア食材「ベリッシモ」 ポルチー二茸 ドライフーズ(乾燥) イタリア食材「ベリッシモ」 ペースト イタリア食材「ベリッシモ」 パスタ・麺 イタリア食材「ベリッシモ」 ドルチェ(スウィーツ) イタリア食材「ベリッシモ」 チョコレート イタリア食材「ベリッシモ」 ジャム・はちみつ イタリア食材「ベリッシモ」 コーヒー・飲料水 イタリア食材「ベリッシモ」 ワイン・酒類 イタリア食材「ベリッシモ」 ギフトセット イタリア食材「ベリッシモ」 キッチン雑貨 イタリア食材「ベリッシモ」 リカルド・マルツィ イタリア食材「ベリッシモ」 メルカート SALE イタリア食材「ベリッシモ」 おすすめレシピ イタリア食材「ベリッシモ」 メディア掲載情報 イタリア食材「ベリッシモ」 メールマガジン登録・解除 イタリア食材「ベリッシモ」 お問合せ イタリア食材「ベリッシモ」 お電話でご注文 イタリア食材「ベリッシモ」 モバイル(携帯)からご注文 イタリア食材「ベリッシモ」一般小売店様へ イタリア食材「ベリッシモ」 卸し専用サイト

MAJANI公式サイト

イタリア食材「ベリッシモ」 ご利用ガイド イタリア食材「ベリッシモ」 FAX注文書 イタリア食材「ベリッシモ」 会社概要 イタリア食材「ベリッシモ」 特定商取引法に基づく表示 イタリア食材「ベリッシモ」 プライバシーポリシー

商品カテゴリ一覧 > ドルチェ > MAJANI社 マロングラッセ 1粒

イタリア食材通販「ベリッシモ」 マロングラッセ
MAJANI社 マロングラッセ 1粒
MAJANI社 マロングラッセ 1粒

1796年創業、イタリアの老舗菓子店「MAJANIマイアーニ」が作る極上のマロングラッセ。

イタリア産の栗を使ったマロングラッセは栗好きのイタリア人をも唸らせる上品な美味しさ。

日本へは毎年秋に限定数のみの入荷となります。
老舗菓子店の贅沢な味わいをお楽しみ下さい。

ボローニャ Majani社

※粒売り商品は箱に入っておりません。

イタリア産の栗を使った極上スイーツMAJANI社 マロングラッセ 1粒

NEW ARRIVAL!!

商品番号 619501

販売価格432円(本体価格:400円)

会員価格あり!

会員特別価格302円(本体価格:280円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

イタリア食材「ベリッシモ」 食材物語

イタリア食材通販ベリッシモ 「Majani社/マイア−二社」

「お土産は、FIATチョコレートでお願いしますね!」
と、イタリアに出張する私をリクエスト付きで見送ったのは、
私が前に店長をしていた靴屋のスタッフだった。
二週間のボローニャ出張の旅。毎年、春と夏は新作の発表会が開かれる。
店長だった自分も発注部隊に加わり、この発表会で半年分の靴を発注するのだ。

長いフライトを終えてホテルに到着すると、
私の部屋の机のうえに、メッセージつきの靴箱が置かれていた。
BRUNO MAGLI社長からのウェルカム・プレゼントだ。
「BRUNO MAGLI」は、1938年、皮革製品のメッカとして
イタリア国内でも有数の靴生産量を誇るボローニャで創業した高級婦人靴メーカーである。

ずっしりと、重量感に満ちた箱。
リボンをほどいてふたを開けると、その中に入っていたのは靴ではなかった。
代わりに碁盤の目のように規則的に並んだ、白い2.5cm角の小さなキューブが、4段重ねでぎっしりと詰め込まれていた。
それが、FIATチョコレートとの出会いだった。

白い包み紙の表面に「FIAT」のロゴマーク。
包み紙を開け、さらにもう一枚、銀紙を開けるとようやくチョコレートが顔を出す。
茶色とベージュ色の層が交互に4段に重なり合った、独特のデザイン。
口に含めば、舌の上で溶け出してきた。
手に持っているだけでも、やわらかくなってくるほどだ。

ひたすら、クリーミィ。

ほどよい甘さのミルクチョコレートが何か懐かしい感じだ。
さらに、ベージュ色部分のナッツの香ばしさがそのあとを追いかけてくる。

なんと美味しいチョコレートだろうか・・・。

遠く日本からわざわざ訪ねてきた発注者に対する、
心にくい配慮が、長旅で疲れた体を癒してくれる。
と同時に、あまりにもおいしい、そのチョコレート自体に猛然と興味がわいてきた。

ホテルの隣にあるバールのショーウィンドウをはじめ、
ボローニャの街中で、FIATチョコレートを見つけることができた。
値段はチョコレートとしては高め。
包装・パッケージもじつにシンプルだが、とても存在感を感じたのは、
あのシルキータッチのなめらかな味のせいだけとは思えない。

イタリアから食材を輸入する仕事を始めたとき、
真っ先に思い浮かんだのも、もちろんこのチョコレート。
なんとか日本に紹介したいという思いを胸に、
ボローニャ郊外にあるFIATチョコレートの製造元、
「MAJANI」社の門をたたいた。

1796年に創業を開始したMAJANIは、
ボローニャのみならずイタリアでも最も古いチョコレート・メーカー。
創業当時に実際使っていたという古びた機材が並ぶ玄関脇の階段をあがり、
ショールームや社長室が続く廊下の壁には、自動車の写真とともに、
盾と甲冑なども飾られ、その歴史の長さを感じさせた。
創業から100年ほど経過した20世紀初頭、ヨーロッパ各地で開かれた
チョコレート見本市などで高い評価を得ていたMAJANIは、
トリノを本拠地として活動を始めた自動車メーカー『FIAT』から、
プライベート・チョコレートの発注を得る。
発売予定の新型車「タイプ4」にちなんで、チョコレートは4層構造。
現在作られているチョコとまったく同じ原材料、製法で作られた。

あまりの美味しさで当時の上流階級や文化人の圧倒的な支持を得たため、
その後FIATチョコレートは単なるプライベート・チョコではなく商品として発売開始。
市民から「ボローニャの宝物」と呼ばれるチョコレート・メーカーになり、
当時イタリア統一を果たした名門サヴォイア家の御用達ともなった。
廊下に飾られた盾と甲冑は、サヴォイア家のもの。
共和制となった今でも、スイスに住むサヴォイア一族にこのチョコが届けられているのだ。

イタリア王室御用達のチョコレートを、ぜひあなたと、
あなたの大切な方々にも、じっくりと味わっていただきたいと思う。

(文責:ベリッシモ代表 清水良二)