{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. HOME
  2. 価格帯別
  3. 1001円~3000円以下
  4. Salumeria di Monte San SavinoチンタセネーゼDOP グアンチャーレ 250g
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ
※チンタセネーゼDOPグアンチャーレは脂の旨味を堪能できる多い方が高級品とされています。赤身多めがご希望の場合はLa Bottega Di Ado グアンチャーレの方が脂身が少なめです。さらに赤身好きな方はパンチェッタをオススメします。

チンタセネーゼは、2012年にDOP(EU保護指定原産地表示)認定を受けたシエナ原産の希少な豚。産業用の豚が大量飼育されたため、1980年代には150頭にまで減少し、絶滅の危機に陥ります。現在は保護組合のもとで昔ながらの飼育方法を行い、品種の特性を守り復活しました。チンタセネーゼは脂肪の細胞が大きく水分を多く含むため、とても柔らかく、独特の甘みが口の中でとろけます。また、抗酸化作用のあるオメガ3とオメガ6も豊富に含んでいます。

このチンタセネーゼ豚の脂肪がのった頬をカットし、スパイスと一緒に熟成したのが、チンタセネーゼDOP・グアンチャーレ。パスタのカルボナーラやアマトリチャーナはもちろん、ミネストローネに入れると味わいにコクが出ます。

la filosofia di Salumeria di Monte San Savino

サルメリア・ディ・モンテ・サン・サヴィーノ社は、その名の通り、トスカーナ州アレッツォ県モンテ・サン・サヴィーノ市にある肉加工会社。1968年開業当時は町の食料品店でしたが、創業者のヴァーテル・イアコモーニがトスカーナの伝統的な肉加工品を生産し始め、現在は息子たちがその情熱と品質を受け継いでいます。生まれた土地を愛し、その食文化を受け継いで50年以上、現在では数々の賞に輝いたポルケッタを始め、トスカーナのプロシュットDOP、フィノッキオーナIGP、また希少な豚・チンタセネーゼを使用した様々な製品を生み出しています。

※手軽に本格的なイタリアンを楽しめるレシピをご紹介しています。写真をタップしてご覧ください。

ブカティーニ・アッラ・グリーチャ

ブカティーニ・アッラ・グリーチャ

ホタテとじゃがいものクラムチャウダー風

ホタテとじゃがいものクラムチャウダー風

グアンチャーレときのこ入りポルチーニソースのフジッリ

グアンチャーレときのこ入りポルチーニソースのフジッリ

グアンチャーレとポモドリーニのペンネ

グアンチャーレとポモドリーニのペンネ

不定貫(再計算/単価変更あり)
Salumeria di Monte San Savino
チンタセネーゼDOP グアンチャーレ 250g

商品番号 997801
  • 冷蔵・冷凍可
クール便でお届け
定価 ¥ 1,898
販売価格 ¥ 1,898 税込
[ 18 ポイント進呈 ]

(注意)個々重量の違う商品です。再計算・単価変更あり ご注文確認後、正確な重量にて単価訂正を行います。(100g辺り:715円で計算)
当店から実際に請求させて頂く金額が変更になりますので、予めご了承くださいませ。
発送メールに変更後の金額をお知らせします。

※脂肪と赤身のバランスは個々違いがございます。

※豚の毛が入っている事がございますが品質に問題はございませんので安心してお召し上がりください。

品番997801
名称非加熱食肉製品(ブロック)
原材料名豚肉、食塩、香辛料/発色剤(亜硝酸Na,硝酸K)
水分活性0.92未満
内容量約200-400g前後、不定貫(再計算/単価変更あり)
賞味期限2022/05/09
保存方法要冷蔵(10℃以下)
原産国名イタリア
メーカーサルメリア・ディ・モンテ・サン・サヴィーノ社
発送温度帯基本冷蔵/冷凍発送可能
同梱包冷蔵・冷凍発送可能な商品と同梱が可能です
4.33
3
  • 島根県 男性
    投稿日
    ナチュラルサラミもグアンチャーレも実際に届くとなかなかの迫力!でした。 チンタ・セネーゼ、やっぱり脂に濁りや雑味がなくて美味しいです。
  • pomeriggio
    東京都 40代 女性
    投稿日
    日本では取扱いしているお店が少ないので、先日購入させていただき、とても美味しくて感動しました。火を入れると甘みが増してベーコンで作るカルボナーラとは別物です。イタリアで食べたものを思い出しました。また、周りにまぶされているスパイスがとても香りがよく、スープに加えたら風味が良くなりました。イタリアのように加工技術の歴史が古い国はやはり奥深さが違うなと感じました。ありがとうございました。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    カルボナーラ作るときは、グアンチャーレが一番!脂身が多い部分ですが、到着したのはあまりにも脂身だらけだったので、ちょっと残念。味は良いです!