商品カテゴリ一覧 > 価格帯別 > 5001円以上 > Riccardo Marzi Art.636 キャンディボウル 18cm

 Riccardo Marzi リカルド・マルツィ
Riccardo Marzi Art.636 キャンディボウル 18cm
Riccardo Marzi Art.636 キャンディボウル 18cm
Riccardo Marzi Art.636 キャンディボウル 18cm

Riccardo Marzi リカルド・マルツィ
Art.636 キャンディボウル 18cm

透明の樹脂に自然を閉じ込めたリカルド・マルツィのキャンディボウル。

トスカーナの大自然をそのまま透明樹脂に閉じ込めたリカルド・マルツィの作品は、樹脂を使った新しい芸術作品として、近代の革新的アートを所蔵するNY近代美術館(MOMA)でも展示、販売されています。
草木や果物、スパイスや貝、砂利など自然の素材を一つひとつ手作業で並べ、樹脂を流し込んで固めた美しい作品です。自然の一つ一つが異なるように、全ての作品が1つしかないオリジナルです。

サイズ:18cm×18cm×高さ7cm

※イタリアメーカーのサイズ表記をそのまま記載しておりますが、商品により1cm前後の差異がある場合がございますので予めご了承ください。

※必ずお読みください。

【商品の特徴】
不飽和ポリエステル樹脂製
草木や果物、スパイスや貝、砂利など自然の素材を一つひとつ手作業で並べ、樹脂を流し込んで固めた美しい作品です。自然の一つ一つが異なるように、全ての作品が1つしかないオリジナルです。柄や素材の配置が全て異なります。あらかじめご了承ください。

【取り扱い上の注意】
電子レンジ、オーブン、食洗機、直火でのご使用はできません。
ガラスのように繊細な素材ではありませんが、落下など大きな衝撃によって破損することがありますのでご注意ください。

【ラッピングについて】
こちらの商品はメーカー既成箱でのラッピングは無料で承ります。
メーカー箱+包装紙+リボンもしくは、メーカー箱+包装紙+熨斗となります。
ラッピングをご希望の場合はご注文時の通信欄にその旨ご記入ください。
熨斗をご希望の場合は、熨斗の種類、表書き、お名前(名入れの場合)をご記入下さい。(受注時に有料ラッピングが選択されていた場合は自動で無料ラッピングに変更いたします。)
その他の商品と組み合わせたラッピングなど、特別なラッピングをご希望の場合は別途ご相談ください。


画像をクリックすると拡大表示します。

柄の説明

カフェ
焙煎した珈琲豆と、生豆の色のコントラストで遊ぶスタイリッシュなシリーズ

メーラ
ブナの葉に鮮やかな緑の粒がアクセント、りんごの表情が可愛らしいメーラシリーズ

サバンナ
ユーカリの葉に燕麦、繊細なベージュのキンポウゲをあしらったシリーズ

ペペロンチーノ
唐辛子、月桂樹の葉にシナモンスティックとアニスで香り付け。まるでレシピのようなペペロンチーノシリーズ

ブルー
燕麦や麦穂をベースに数種類の植物で生み出したターコイズブルーのシリーズ

ロッソ
燕麦に金の麦穂、真っ赤なホタルブクロをあしらったエレガントなシリーズ

オーロ
トスカーナの一面に広がる黄金の麦畑をそのまま閉じ込めた金麦シリーズ

アランチャ×オーロ
グリーンの月桂樹の上に金色の麦穂と鮮やかなオレンジをのせたシリーズ

アランチャ
鮮やかなオレンジをそのまま生かしたアランチャシリーズ

Riccardo Marzi Art.636 キャンディボウル 18cm

NEW ARRIVAL!!

商品番号 Art636

販売価格10,800円(本体価格:10,000円)

カフェ /在庫切れ  入荷お知らせメール
メーラ  
サバンナ  
ペペロンチーノ  
ブルー /在庫切れ  入荷お知らせメール
ロッソ /在庫切れ  入荷お知らせメール
オーロ /在庫切れ  入荷お知らせメール
アランチャ×オーロ  
アランチャ /在庫切れ  入荷お知らせメール
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

リカルド・マルツィとは

Riccardo Marzi / リカルド・マルツィ

Riccardo Marzi / リカルド・マルツィ彫刻家などの家系で育ったリカルドは、若い時からイタリア・フィレンツェのアトリエで働き、アルチザンの世界で自らの表現方法を模索していました。新しい素材に、新たな表現方法や新しい芸術を求めていたリカルドは、ある時、琥珀に閉じ込められた化石からインスピレーションを受け、樹脂の透明性を活かした新たなアートへのイメージを膨らませました。

透明の樹脂に自然をそのまま閉じ込める

そのインスピレーションを実現させるために、最初に試したのがトウモロコシの粒をぎっしりと閉じ込めた平皿です。しかし結果は失敗。感動するような美しさや面白さはありませんでした。しかし数日後、リカルドは中庭の光景に目を見張りました。工房の中庭に放置してあった失敗作のその平皿に数羽のニワトリが集まり、一生懸命に透明の樹脂に閉じ込められたトウモロコシの粒をつついているのです。その光景に強く創作意欲をかき立てられたリカルドは、麦穂、カシの木やポプラの葉、エニシダ、燕麦などトスカーナの大自然で試行錯誤を重ね、ついには最初に思い描いたトスカーナの風景を透明の樹脂に閉じ込めた美しい作品の数々を生み出すことに成功しました。リカルド・マルツィの作品は、樹脂を使った新しい芸術作品として、近代の革新的アートを所蔵するNY近代美術館(MOMA)でも展示・販売されています。